平成28年度 鹿児島市立病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2371 496 469 815 779 1079 2286 2215 1412 259
当院は地域医療の中核として、幅広い年齢層の患者さんに医療を提供しておりますが、症状が重篤化しやすい高齢者の患者さんが増える傾向にあります。また、当院は県内唯一の成育医療センターとして、新生児・小児の患者さんへの高度な医療を提供しており、そのために0歳代の数が非常に多くなっております。当院としては、今後も新生児・小児の患者さんに充分な医療を提供していきたいと考えております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 9.92 12.84 5.41 47.81
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 30 3.77 7.58 0.00 45.93
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 29 22.76 14.91 6.90 63.48
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 29 13.93 16.83 3.45 66.48
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 9.30 8.87 11.11 66.96
内科で最も多いのはIgA腎症や慢性腎不全等です。ステロイド治療や教育入院等を行っています。次に多いのは2型糖尿病の治療です。インスリンの投与や教育入院を行います。その次に多いのは非ホジキンリンパ腫で化学療法のリツキサンを行った治療です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 153 6.80 5.79 0.65 4.54
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 129 6.81 6.09 0.78 1.30
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 104 6.73 6.02 0.00 0.62
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2なし 48 3.65 3.95 2.08 1.58
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 47 8.77 12.43 0.00 0.79
小児科では細菌性の肺炎・気管支炎の入院が多くなっています。2番目はウイルス性の肺炎、3番目は急性気管支炎での入院となっています。呼吸器系の疾患が上位を占めています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 62 18.69 27.63 93.55 76.21
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 36 4.39 5.33 2.78 10.64
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 22 6.68 5.49 9.09 56.45
07040xxx97xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) その他の手術あり 15 2.00 10.14 0.00 64.80
160835xx01xx0x 下腿足関節周辺骨折 骨折経皮的鋼線刺入固定術 前腕、下腿等 副傷病なし 12 21.42 23.54 66.67 54.83
整形外科で最も多いのは大腿骨骨折の手術入院です。人工骨頭挿入術等を行います。2番目に多いのは肘関節骨折、3番目に多いのは前腕の手術入院です。骨折観血的手術等を行っています。そのほか、変形性股関節症などの入院が多くなっています。4番目の股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)については、あくまでも貯血のための入院であり、実際の手術の際はもっと入院期間が長くなっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140490xx970xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1なし 27 5.11 7.84 0.00 0.96
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 26 4.77 5.11 0.00 41.35
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 26 5.04 5.80 3.85 27.65
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 23 4.26 3.44 0.00 65.70
140210xx01xxxx 先天性耳瘻孔、副耳 先天性耳瘻管摘出術 16 3.25 3.94 0.00 9.19
形成外科では腫瘍、顔面外傷、四肢外傷、熱傷、先天異常、再建手術など、昨年1年間に1,186件の手術を行っています。表はDPCコードにより抽出された一部の症例数を示しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 65 15.85 16.54 56.92 69.49
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 14.12 9.87 25.00 75.04
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 25.05 22.05 71.05 68.03
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 17.46 19.35 65.71 68.43
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 9.89 7.52 14.81 44.78
脳神経外科では脳梗塞・脳出血での入院が多くなっていますが、手術が必要となる頭部打撲傷や頭蓋骨折等の頭部外傷性の疾患も多いです。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 119 12.46 12.73 2.52 68.59
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 10.50 10.09 0.00 34.35
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 8.29 9.14 0.00 43.86
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 - - 10.28 - -
040010xx99x3xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり - - 11.76 - -
呼吸器外科では、肺の悪性腫瘍手術の入院が多くなっています。2番目3番目は気胸の入院で、難治性、再発例に対しては手術を積極的に行い、保存的加療での治癒が望まれる場合にはドレナージや癒着療法を行います。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 77 2.08 3.34 2.60 67.95
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病あり 60 4.50 12.46 31.67 75.10
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 59 5.80 5.85 11.86 72.00
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 20 20.45 12.74 10.00 77.20
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 16 37.50 23.36 25.00 69.06
心臓血管外科では下肢静脈瘤の手術の入院が多くなっています。下肢静脈瘤血管内焼灼術等を行っています。最近は日帰り手術が増加しています。2番目3番目は下肢閉塞性動脈硬化症の手術入院が多くなっています。四肢の血管拡張術・血栓除去術等を行っています。2番目3番目の違いは潰瘍等の合併症が有無の差です。2番目は潰瘍等の合併症あり。3番目は潰瘍等の合併症なしとなっています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 22 3.82 6.91 0.00 9.55
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 18 5.94 5.60 0.00 10.06
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 15 3.00 3.29 0.00 2.67
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 13 7.85 9.91 0.00 8.85
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 13 4.00 8.57 0.00 2.69
小児外科は虫垂炎の入院が多く、手術を行うものと抗生物質の注射治療のものがあります。そのほか、停留精巣の手術入院が多く、停留精巣固定術等を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 127 7.24 10.53 0.00 55.46
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 75 7.72 8.27 0.00 57.81
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 75 7.44 7.72 0.00 67.16
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 40 6.70 7.01 0.00 72.80
020210xx01x0xx 網膜血管閉塞症 増殖性硝子体網膜症手術 手術・処置等2なし 21 8.57 11.66 0.00 60.24
眼科では、網膜剥離、黄斑疾患および糖尿病網膜症に対する手術のための入院が多くを占めており、これらの治療として硝子体手術を数多く行っています。(なお、この分類に白内障は含まれていません。)
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 51 7.31 8.12 0.00 22.63
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 49 8.71 7.75 0.00 59.88
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 35 8.26 7.47 0.00 56.29
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 30 13.07 9.36 0.00 48.97
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 16.81 14.06 0.00 67.06
耳鼻咽喉科では、扁桃、アデノイドの慢性疾患での入院が最も多くなっています。口蓋扁桃摘出術やアデノイド切除術といった治療を行います。2番目に多い症例は耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍の手術のための入院で、鼻副鼻腔腫瘍摘出術や耳下腺腫瘍摘出術といった治療を行います。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 17.35 9.36 11.54 35.38
010080xx99x01x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 17 27.41 21.90 29.41 65.53
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 10 22.70 17.77 0.00 64.10
010090xxxxx2xx 多発性硬化症 手術・処置等22あり - - 39.58 - -
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし - - 6.38 - -
神経内科では、脳脊髄の感染を伴う炎症の検査・治療のための入院が最も多くなっています。次に多い症例が自己免疫性疾患の検査・治療のための入院です。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 89 6.88 7.44 6.74 71.81
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 73 8.85 12.52 2.74 61.52
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 65 5.94 5.83 1.54 63.54
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 63 10.19 13.39 0.00 67.27
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 37 12.76 11.72 2.70 66.03
泌尿器科では、膀胱の悪性腫瘍に対する、内視鏡的な手術のための入院が最も多くなっています。次に、腎腫瘍・腎(尿管)悪性腫瘍に対する手術、3番目は尿路結石に対する手術のための入院です。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 124 14.12 9.88 49.19 33.11
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 104 9.66 9.77 40.38 32.12
120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2なし 85 37.64 32.16 60.00 32.38
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 72 24.04 20.79 51.39 30.47
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 63 9.51 10.05 0.00 45.51
産婦人科ではハイリスクの妊娠・分娩に関しての治療が多くなっています。多胎妊娠や前期破水等の帝王切開術が1番多くなっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 149 2.59 3.68 2.01 70.32
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 128 11.02 12.35 2.34 67.39
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等29あり 34 12.03 10.76 0.00 67.56
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり 30 11.43 12.01 0.00 67.43
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 30 7.37 17.77 3.33 61.97
呼吸器内科では、肺の悪性腫瘍の検査・治療のための入院が最も多くなっています。化学療法(抗がん剤)や放射線治療を行います。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 213 3.15 3.06 0.47 67.14
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 72 6.61 4.71 1.39 66.50
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 23.11 13.02 9.09 64.86
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 22.38 17.95 42.50 81.80
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 13.65 11.38 27.50 79.63
循環器内科では、狭心症等の検査・治療のための入院が最も多くなっています。薬物治療以外には、風船治療やステント治療といった治療を行います。次に多い症例は心筋梗塞です。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 3.81 3.64 21.15 51.52
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 4.81 7.52 21.43 30.40
161020xxxxx00x 体温異常 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 3.63 5.81 10.00 46.03
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし 27 2.85 4.19 3.70 40.00
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 5.70 9.87 13.04 57.83
救急科では、薬物中毒の検査・治療のための入院が最も多くなっています。胃洗浄、活性炭・下剤投与や症状に合わせた対処療法を行います。必要に応じ、血液浄化法が必要になることもあります。次に多い症例は頭蓋・頭蓋内の損傷で、重症であれば人工呼吸管理や脳圧コントロール目的の薬剤投与、血腫除去のための開頭(減圧)手術といった治療を行います。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 162 11.87 11.74 7.41 74.28
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 75 10.35 11.06 17.33 74.71
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 47 8.43 9.02 0.00 71.13
060060xx97100x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 12.82 16.26 2.63 72.79
060050xx99x30x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 37 11.35 10.87 10.81 76.92
消化器内科では、消化器系癌(食道癌、胃癌、大腸癌、肝臓癌、膵臓癌、胆管癌など)の入院患者さんが多く、年々増加しています。消化器系癌に対して、内視鏡的治療、経皮的治療、血管造影下の治療、化学療法を専門的に行っています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 69 6.71 6.82 1.45 57.97
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 7.63 7.61 0.00 57.12
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 19.93 15.92 5.00 72.05
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 31 19.71 17.65 9.68 69.77
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 18.76 17.98 0.00 63.57
消化器外科では、胆嚢疾患、特に急性胆嚢炎を含め胆石症に対する手術症例が最も多く、次に結腸癌に対する手術症例が多くなっています。いずれも、そのほとんどの症例を腹腔鏡下手術で対応しています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 21 12.29 6.59 4.76 66.43
040050xx99x3xx 胸壁腫瘍、胸膜腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 14 3.14 20.43 0.00 62.93
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 13 17.69 11.57 7.69 56.85
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 12 2.92 4.64 0.00 53.75
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし - - 10.30 - -
乳腺外科では、乳房の悪性腫瘍の手術のための入院が最も多くなっています。乳房切除術や乳房部分切除術、腋窩リンパ節郭清やセンチネルリンパ節生検といった治療を行います。
新生児内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 119 11.60 6.18 5.88 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 85 21.44 11.55 8.24 0.00
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等22あり 50 35.86 27.33 12.00 0.00
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等21あり 48 15.63 12.00 18.75 0.00
140010x299x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等21あり 46 23.72 23.53 36.96 0.00
新生児内科では、早産児や低出産体重児の治療のための入院が最も多くなっています。点滴による中心静脈栄養、人工呼吸管理といった治療を行います。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 69 - 18 15 10 - 1 7
大腸癌 12 27 42 33 25 - 1 7
乳癌 28 28 - - - - 1 7
肺癌 59 17 70 166 53 61 1 6,7
肝癌 13 46 46 19 14 121 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、消化器内科・消化器外科で胃癌・大腸癌・肝癌の治療を、呼吸器内科・呼吸器外科で肺癌の治療を、乳腺外科で乳癌の治療を行っています。それぞれの診療科が学会専門医を擁し、進行癌に対しては術前、術後の補助化学療法も駆使しながら治療成績向上に努めています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 15.09 63.09
中等症 50 14.44 71.86
重症 15 17.20 76.67
超重症 10 17.20 80.70
不明 - - -
成人市中肺炎とは、成人の方が病院外で日常生活を送っていた時にかかる肺炎のことです。高齢者の患者が多いことがわかります。抗菌薬による治療を行います。当院では、呼吸器内科にて診療を行っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 18 7.17 60.94 22.22
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 198 18.51 73.48 64.14
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 37 7.16 72.32 2.70
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
ほとんどが脳卒中センターからの入院です。tPA血栓溶解療法やカテーテルによる血栓回収術積極的に行っています。血管吻合術も行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 36 6.64 8.92 19.44 67.83
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K0842 四肢切断術(上腕,前腕,手,大腿,下腿,足) - - - - -
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) - - - - -
内科では、内シャント設置術の症例が多くなっています。内シャント設置術とは、血液透析に向けて血管吻合を行う手術です。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 21 0.10 2.38 0.00 0.95
K5622 動脈管開存症手術(動脈管開存閉鎖術(直視下)) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K060-31 化膿性又は結核性関節炎掻爬術(肩,股,膝) - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
小児科では、腸重積症整復術の症例が多くなっています。腸重積症整復術とは、高圧浣腸で圧力をかけて腸の形を整える治療法です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 72 4.00 9.76 69.44 61.56
K0482 骨内異物(挿入物を含む)除去術(その他頭蓋,顔面,肩甲骨,上腕,大腿) 26 1.00 5.00 3.85 21.50
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 24 3.96 11.04 41.67 53.25
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 24 0.96 4.71 0.00 43.04
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 18 2.89 6.83 38.89 54.11
整形外科では、骨折の手術が最も多いです。一般的には骨折観血的手術を行います。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 20 0.85 2.15 0.00 30.20
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 19 0.95 2.26 0.00 66.95
K1002 多指症手術(骨関節、腱の形成を要する) 18 1.00 3.00 0.00 0.61
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 17 0.94 5.47 0.00 43.53
K287 先天性耳瘻管摘出術 16 1.00 1.25 0.00 9.19
形成外科では腫瘍、顔面外傷、四肢外傷、熱傷、先天異常、再建手術など、昨年1年間に1,186件の手術を行っています。表はKコードにより抽出された一部の症例数を示しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 47 0.38 13.11 25.53 78.74
K1781 脳血管内手術(1箇所) 34 1.29 22.82 32.35 68.06
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 31 0.90 29.39 45.16 64.81
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 22 4.36 6.68 9.09 71.45
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 17 0.59 30.29 88.24 68.71
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫洗浄・除去術の症例が多くなっています。慢性硬膜下血腫洗浄・除去術とは、脳の表面に貯留した血液を除去する手術です。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 45 1.31 9.89 0.00 68.69
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 27 1.59 8.59 7.41 66.48
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 23 2.74 11.30 0.00 71.43
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 20 3.15 8.75 0.00 68.65
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 19 4.26 5.21 0.00 32.58
呼吸器外科では、肺悪性腫瘍手術の症例、特に胸腔鏡下手術症例が多くなっています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 119 1.23 3.11 21.01 73.13
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 74 0.00 1.08 1.35 68.39
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 22 10.64 34.64 18.18 67.36
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 20 2.70 15.85 10.00 76.60
K5551 弁置換術(1弁) - - - - -
心臓血管外科では、四肢の血管拡張術・血栓除去術の症例が多くなっています。四肢の血管拡張術・血栓除去術とは、カテーテルでの血管内治療を行う手術です。下肢静脈瘤血管内焼灼術は日帰り手術でも行っており、提示の患者数には入っておりません。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 118 1.00 1.00 0.00 3.38
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 35 1.00 1.00 0.00 5.00
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 17 0.94 4.24 0.00 10.06
K836 停留精巣固定術 14 1.00 1.00 0.00 2.86
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 13 0.38 6.46 0.00 8.85
小児外科では、鼠径ヘルニア手術の症例が多くなっています。そのほかには、腹腔鏡下虫垂切除術や停留精巣固定術が多くなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 285 0.07 2.98 0.70 73.26
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 279 0.87 5.71 0.00 63.00
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 58 0.71 5.34 0.00 66.69
K281 増殖性硝子体網膜症手術 34 0.82 6.71 0.00 58.44
K275 網膜復位術 24 0.83 4.75 0.00 34.29
眼科では、水晶体再建術(白内障手術)が最も多く、全体の約半数を占めます。次に多いのが網膜剥離、黄斑疾患および糖尿病網膜症等に対する硝子体茎顕微鏡下離断術(硝子体手術)です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 59 1.41 5.17 0.00 25.83
K319 鼓室形成手術 32 2.69 9.25 0.00 49.56
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 23 1.78 6.17 0.00 53.52
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 20 1.80 7.45 0.00 65.30
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 18 1.89 5.72 0.00 60.78
耳鼻咽喉科では、口蓋扁桃の摘出手術の症例が多くなっています。次に多い鼓室形成術は、聴力を改善する手術です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 96 1.99 6.65 3.13 63.50
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 93 2.58 3.70 7.53 72.04
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 62 1.53 3.05 1.61 63.89
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 50 2.22 7.06 0.00 66.66
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 26 1.46 9.54 38.46 75.46
泌尿器科では、腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術や膀胱悪性腫瘍手術の症例が多くなっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 293 13.65 4.50 56.66 32.58
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 125 14.22 4.69 42.40 34.39
K867 子宮頸部(腟部)切除術 76 1.00 1.00 2.63 41.17
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 67 0.91 4.51 0.00 41.84
K877 子宮全摘術 59 1.25 7.64 0.00 46.78
産婦人科では、緊急や早産での帝王切開の症例が多くなっています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 77 4.29 4.61 3.90 66.36
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 36 0.00 23.31 22.22 67.81
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 33 3.79 10.06 27.27 80.91
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 16 0.06 20.06 6.25 71.31
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 13 3.92 2.92 0.00 52.92
循環器内科では、冠動脈内ステント留置術の症例が多くなっています。冠動脈内ステント留置術とは、 ステントという拡張可能な小さいメッシュ状の金属の筒を血管に留置する手術です。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 13 13.77 30.69 53.85 68.38
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) - - - - -
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) - - - - -
K0022 デブリードマン(100cm2以上3000cm2未満) - - - - -
救急科では、気管切開の症例が多くなっています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 151 1.51 9.26 5.96 74.15
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 89 2.31 11.11 15.73 73.16
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 46 0.30 7.22 0.00 70.96
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 42 1.21 5.10 0.00 66.26
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 32 2.34 11.78 18.75 72.34
消化器内科では、血管塞栓術の症例が多くなっています。血管塞栓術とは、腫瘍に栄養を送っている血液の流れを止めて、腫瘍が育つのを阻止したり、壊死させる治療法です。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 119 1.34 5.22 3.36 58.78
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 62 1.48 3.60 1.61 65.16
K6335 鼠径ヘルニア手術 37 2.11 4.49 5.41 65.68
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 34 7.32 15.26 14.71 72.15
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 21 0.57 4.86 4.76 39.05
消化器外科では、腹腔鏡下胆嚢摘出術の症例が多くなっています。腹腔鏡下手術とは、お腹の中に腹腔鏡という細長いカメラを入れ、お腹の中の様子をテレビモニタ≠ナ見ながら行う手術です。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 23 2.91 10.52 8.70 67.83
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 14 3.64 17.43 7.14 60.86
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) - - - - -
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - -
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上) - - - - -
乳腺外科では、乳腺悪性腫瘍出術の症例が多くなっています。乳腺悪性腫瘍出術とは、腫瘍を含めて乳房を切除あるいは部分切除し、腋窩リンパ節を郭清あるいはセンチネルリンパ節生検を行う手術です。
新生児内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 111 0.04 39.10 34.23 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 85 0.00 67.60 32.94 0.00
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき)) - - - - -
K6021 経皮的心肺補助法(初日) - - - - -
K6334 臍帯ヘルニア手術 - - - - -
新生児内科では、新生児仮死蘇生術の症例が多くなっています。新生児仮死蘇生術(仮死2度)は、心停止や呼吸停止の状態で出生した新生児に対する蘇生措置、新生児仮死蘇生術(仮死1度)は、出生時に心停止や呼吸停止はないが、元気のない新生児に対する蘇生措置です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0.02
異なる 0.06
180010 敗血症 同一 92 0.76
異なる 30 0.25
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 1 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 60 0.49
異なる 10 0.08
播種性血管内凝固や敗血症は、DPCで高額な点数が設定されている(入院医療費が高くなる)ため、臨床的に根拠のある診断でなければアップコーディング(不適切な入院医療費請求)を疑われかねないDPC病名とされています。
手術や処置などは合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しています。しかし、合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
H29.10.16 小児外科の診断群分類別患者数等コメントを修正。