医療安全管理室
地域の急性期医療を担う中核病院である当院の基本理念「安心安全な質の高い医療の提供」の基盤である医療安全の確保に向けた取り組みを組織横断的に推進していく部門として平成19年4月より医療安全管理室が新設されました。
医療安全管理の基本理念
患者さんの立場に立ち、医療事故の発生や再発を防止し、「安心・安全な医療」を提供するとともに、「医療の質」を確保するために、鹿児島市立病院の医療安全管理体制を確立する。
基本姿勢
  1. 職員は、常に「危機意識」を持ち、業務にあたる。
  2. 患者さん本位の医療を徹底する。
  3. 医療行為においては、確認・再確認を徹底する。
  4. 円滑なコミュニケーションと、インフォームドコンセントに勤める。
  5. 記録は、正確かつ丁寧に行う。
  6. 情報の共有化をはかる。
  7. 院内全体で、医療事故防止の組織的・系統的な管理体制を構築する。
  8. 自己の健康管理と職場のチームワークを図る。
  9. 医療事故防止のための教育・研修システムを整える。
  10. すべての職員が率先して医療事故防止に対する意識改革を行う。
鹿児島市立病院の医療安全管理体制
(1) 医療安全管理室の役割

医療安全管理室は、鹿児島市立病院における医療の安全確保、質の向上について、組織的な活動を円滑にかつ効果的に実行するために、次に掲げる業務を行う。


  1. 医療事故に関する原因の究明に関すること。
  2. 医療事故防止対策の策定及びその周知に関すること。
  3. 医療事故に関する情報収集・分析・対策・評価および指導の総括に関すること。
  4. 医療安全に関する教育・研修の企画立案に関すること。
  5. 医療安全管理に係る院内・院外関係機関との連絡調整に関すること。
  6. 医療事故防止体制の整備に関すること。
  7. 医療安全管理室が統括する委員会の運営及び庶務に関すること。
  8. 医療安全に係る取り組みの評価を行うカンファレンスを週に1回程度開催すること。 
(2) 職員構成

1.医療安全管理室長

 医療安全管理に関する業務を統括する。

 

2.医療安全管理者

 院内の医療安全管理に関する業務を推進する。医療安全管理者は、医療安全対策に係る適切な研修を終了している者で専従とする。

 

3.院内感染管理者及び感染管理認定看護師

院内の感染管理に関する業務を推進する。院内感染管理者は、必要な研修を受け、感染管理に関する知識と経験を有する者とする。

感染管理認定看護師は専従とする。

 

4.医療機器安全管理責任者

 医療機器の適切な使用、保守点検など、包括的な医療機器の管理を推進する。医療機器安全管理責任者は、医療機器に関する知識と経験を有し、医療機器の適切な保守を含めた包括的な管理に係る実務を行う事ができる者とする。

 

5.医薬品安全管理責任者

医薬品の安全管理に対する措置を講じるとともに、使用のための手順書の作成及び医薬品の安全管理に関する業務を推進する。医薬品安全管理責任者は、医薬品に関する十分な知識を有する者とする。 

 

6.医療安全相談員

 医療の安全や質に関する事項について、患者や家族その他からの相談、苦情及び要望に対して、関連部署と連携を図るなどの対応をとる。医療安全相談員は、医療安全管理に必要な知識や技能を有する者とする。

 

7.院内保安指導員

 院内の秩序維持、患者・家族、職員などの安全確保、不当要求・悪質クレーマー等への対応を関係部署及び関係機関との連携を図り行う。院内保安指導員は、職員への保安に関する教育研修・指導等ができる知識や技能を有する者とする。

 

8.医療安全管理者を補佐する職員

事務全般において、医療安全管理者を補佐する。 

鹿児島市立病院の感染管理体制
(1) 病院感染対策に関する基本的な考え方 

鹿児島市立病院は、高度で専門的な医療を担う自治体病院であり、第2種感染症指定医療機関であることから、感染リスクの高い感染症患者に対する高度な感染対策を実践するとともに、易感染患者を含むすべての対象者を病院感染から防護する責務がある。そのため効果的な感染管理組織を整備し、サーベイランスを核にした感染管理プログラムを策定し実行する。

また感染症の適切な治療、およびサーベイランスのため、起炎菌の同定を必須とし、積極的に検体を提出する。その起炎菌をターゲットとした狭域抗菌薬を選択することで、広域抗菌薬の長期使用を回避し、耐性菌の出現を防止する。


さらに全職員は、院内感染予防対策マニュアルを遵守し、常に標準予防策や適切な経路別予防策を医療行為において実践する。院内外の病院感染情報を全職員が共有し、異常を速やかに察知し、迅速な対応を目指す。また病院感染発生事例を分析、評価し、感染対策の改善に活かす。こうした感染対策に関する基本姿勢を職員に周知し、医療の安全性を確保し患者に信頼される医療サービスを提供する。

 

(2) 感染管理体制

感染症予防対策委員会 委員長

坪内 博仁

感染症予防対策委員会専門部会 部会長 院内感染管理者

鮫島 幸二

ICT(院内感染防止対策チーム)リーダー ICD(感染制御医師)

能勢 裕久

BCPIC(感染制御認定薬剤師)

久保井 康郎

臨床検査技師

原口 政臣

ICN(感染管理認定看護師)・手術室師長

土屋 香代子

ICN(感染管理認定看護師)

久保 直美 

 

 

(3) 活動内容 

(1)臨床診療・治療に関すること
1) 抗菌薬の適正使用に関するラウンド
2) 感染症に関する相談の対応
3) 保健所への届出
   

 

(2)感染予防に関すること
1) 教育(年2回の職員全体研修の企画、各部署・職種別の講習など)
2) 疫学統計(微生物検出状況のサーベイランス、薬剤感受性パターン、抗菌薬使用状況、針刺し切創事例)
3) 院内感染予防マニュアルの整備
4) 環境に関するラウンド
5) 院内への感染情報の周知
   

 

(3)職業感染に関すること
1) 感染症発生時の対応、アウトブレイクまたは異常発生時の対応
2) 針刺し切創及び体液暴露の事例対応
3) B型肝炎ウイルス、麻疹、風疹、流行性耳下腺炎、水痘の抗体価の測定
4) 職員健康診断受診の推進

鹿児島市立病院 〒890-8760 鹿児島市上荒田町37番1号
お問合せはこちらTEL099-224-2101 FAX099-233-3190