各検査のご紹介

X線透視検査
透視装置.jpg
一般撮影(レントゲン検査)と同様にX線を用いる検査です。人体を透過したX線をTVモニタに映してリアルタイムで見ることをX線透視といいます。一般撮影と異なり、透視検査では連続的に観察できるため、さまざまな検査や処置の補助的役割としても用いられています。
主な検査としては
・造影剤(バリウムなど)を使用する消化器系の検査(胃透視・注腸透視など)
・尿路系や子宮卵管の造影検査
・内視鏡との併用で行う気管支ファイバー・大腸ファイバーなとの検査
・整形外科領域での骨・関節の観察や、骨折・脱臼などの整復
などがあります。
鹿児島市立病院 〒890-8760 鹿児島市上荒田町37番1号
お問合せはこちらTEL099-224-2101 FAX099-233-3190