各検査のご紹介
血管造影検査
IVR-CT.jpg
カテーテルという直径数ミリの管を、腕や足の付け根部分の動脈から挿入し、X線透視下で確認しながら目的の血管まで進め、造影剤を注入して行う検査です。これにより、血管の走行・形態などが詳しくわかります。目的部位は、ほぼ全身の血管です。
また診断だけでなく、狭窄した血管や塞栓した血管を拡げる血管拡張術・腫瘍を栄養する血管や、外傷で動脈性出血を起こした血管を塞栓させる血管塞栓術・腫瘍に直接抗がん剤を注入する動脈注入術など、血管造影の検査手技を利用した血管内治療(IVR)も行っています。
鹿児島市立病院 〒890-8760 鹿児島市上荒田町37番1号
お問合せはこちらTEL099-224-2101 FAX099-233-3190