各検査のご紹介
核医学(RI)検査
rinken09.jpg
核医学(RI)検査は、ガンマ線という放射線を放出するRI(放射線同位元素)を含んだ薬を使用した検査です。注射や経口によってRI薬品を体内に入れ、体内から放出される微量の放射線を専用の装置(ガンマカメラ)で測定して画像化したり、臓器の働きを見たりします。
核医学(RI)検査で使用されるRIは放射線を出す時間が短いものを使用します。よく使用されているTc99mでは半減期(放射線の量が半分に減衰するまでの時間)は約6時間です。使用されたRI薬品は体内に蓄積されることはなく、ほとんど尿や便として体外に排出されます。
鹿児島市立病院 〒890-8760 鹿児島市上荒田町37番1号
お問合せはこちらTEL099-224-2101 FAX099-233-3190