8南病棟

 8南病棟は呼吸器外科、呼吸器内科、血液内科、腎臓内科の混合病棟です。


 8南病棟では、手術前後や化学療法、放射線療法を受ける患者さんが多く、意思決定から終末期までのがん看護を通し、患者さんに寄り添う看護の提供を目指しています。治療のため入退院を繰り返す患者さんも多く、継続した看護の提供ができるよう努めています。がん化学療法認定看護師が在籍しており、質の高い看護を提供できるよう心がけています。


 また、医師・看護師だけでなく他職種と連携をとりチームで支援しています。日々忙しい中でも、カンファレンスや勉強会を定期的に行い、知識・技術の向上に努め、患者さんの思いを大切にし、患者さんの苦痛な症状をできるだけ取り除けるよう取り組んでいます。呼吸療法や救急蘇生など院外研修にも積極的に参加し、新しい情報を取り入れる事で個々のスキルアップを目指しています。8南病棟は、様々な疾患や検査、看護に触れることができ、スキルアップができる最適な環境です。


 8南病棟は若いスタッフも多く、活気があり抜群のチームワークでとても働きやすい病棟です。8南病棟で是非一緒に働きましょう。

 

 

8S.png



 


鹿児島市立病院 〒890-8760 鹿児島市上荒田町37番1号
お問合せはこちらTEL099-224-2101 FAX099-233-3190