教育理念・教育目的

kango_rinen.jpg

 

地域の中核的病院として、質の高い看護を提供できる優れた看護専門職業人の育成に努めます。

 

kango_mokuhyou.jpg 

 

看護専門職業人として、倫理的感性、看護実践能力、マネジメント能力、研究・教育的能力を高め、

職務を遂行できる人材を育成します。

教育目標
  1. クリニカルラダーに応じて自己の目標を設定し、看護に必要な知識・技術を習得し、質の高い看護が実践できる。
  2. 専門職業人として、多様化する社会のニーズに対応できる専門性を身につけ、自己の役割を発揮できる。
  3. 看護における継続教育・研究の目的を理解し,自己研鑽すると共に,組織目標の達成にむけて努力できる。
教育体系
教育体系

院内研修は、クリニカルラダーレベル毎に必要な研修と、看護職全員に必要な研修を年間通して計画・実施しています。看護職員一人一人が、自己のキャリア開発を考え、積み重ねていけるように充実した継続教育プログラムを用意しています。クリニカルラダーは、ベナー看護論の考え方を参考に1~5のレベルに区分されています。

教育計画
レベル 概要
レベル1 自立に向けた指導を必要とするレベル
レベル2 自立し、日常看護業務を自律的に遂行するレベル
レベル3 看護実践において役割モデルとなり後輩を育成するレベル
レベル4 看護実践ができ、部署目標達成に貢献するレベル
レベル5 チームメンバーの方向づけや育成を行い部署目標達成に貢献するリーダーレベル

※ 看護師長は、質の高い看護サービスの提供責任者として、自己責任のもとに学習をしていく。

その他 目標
育休者職員研修
育児休暇ブランクによる不適応をおこさず、スムーズな職員復帰ができる
外来臨時・パート看護師
組織及び看護チームの一員としての行動がとれ、外来業務を安全・安楽に実施する
看護補助者研修
療養上の世話の補助業務を安全・安楽に実施できる
看護補助者教育担当者研修
看護補助者のよき理解者となり、安全な業務を遂行できるように支援する
スキルアップ研修 

認定看護師やエキスパートナースが中心となって研修を企画し、看護師のスキルアップに役立てる

 

  • 看護記録(新人向け)
  • インシデントレポートの書き方、対策の立て方(新人向け)
  • 看護を語ろうⅠ(レベル1取得者対象)
  • 医療安全(KYT活動を理解しよう)(レベル2取得者対象)
  • 看護を語ろうⅡ(レベル3取得者対象)
  • 人材育成(後輩の成長を支援しよう)(レベル4挑戦者・レベル4取得者対象)
  • 院内認定(皮膚排泄ケア)(レベル3以上取得者)
  • 院内認定(がん化学療法)(レベル3以上取得者)
  • 終末期看護(ELNEC-J)(レベル2以上取得者)
  • 看護研究計画書を作ろう(制限なし)
  • 統計の基礎(制限なし)
  • がん看護(制限なし)
  • 認知症看護(制限なし)
  • ストマケア(制限なし)公開講座
  • 脳卒中リハビリテーション(制限なし)
  • 新生児集中ケア(制限なし)
  • フィジカルアセスメント(制限なし)公開講座
  • 災害看護(制限なし)
  • 感染管理(制限なし)

 

※ 公開講座は申込みなしで、自由に参加いただけます。詳細は鹿児島市立病院看護部公式Twitterをご覧ください。

管理マネジメント研修

看護専門職として必要な管理に関する基本的知識・技術・態度を習得する

※ 公開講座です。申込みなしで、自由に参加いただけます。詳細は鹿児島市立病院看護部公式Twitterをご覧ください。 

看護部職員全体研修 

年2回の自主研究発表会、トピックス研修

  • 死生観を背景としたコミュニケーション-ナラティブを意識した医療を目指して-
    • 長倉伯博(ながくら のりひろ) 鹿児島県善福寺住職
  • 患者の安全を守るRRS 
    • 宮原聡子(みやはら さとこ) 大阪市立総合医療センター 集中治療センター主査
  • 看護職に求められる倫理観の再考-きっとあなたも体験している倫理問題-
    • 中村育美(なかむら いくみ) 看護オアシス輪代表 認定看護管理者  

 

認定看護師育成について

・院内選出基準あり

 

<2019年1月現在  11分野 20名>
 感染管理 3名   新生児集中ケア 3名   救急看護 2名
 皮膚・排泄ケア 2名   がん化学療法看護 3名  緩和ケア 2名   集中ケア2名

 脳卒中リハビリテーション看護1名 小児救急看護1名  認知症ケア1名

 

 ※ 2018年度 緩和ケア2名

 ※ 2019年度 集中ケア 1名(予定)

 

⇒ 認定看護師の紹介 

患者さんへのおしらせ

ここでは、皆様の診療情報や資料等がどのような研究に利用されているかをお知らせするため、鹿児島市立病院看護部臨床研究倫理検討委員会に承認された看護研究計画書を掲載しています。

このような研究においては、厚生労働省の「臨床研究に関する倫理指針」および「疫学研究に関する倫理指針」の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされています。

これらの研究において、ご自身が研究対象となることを希望されない方は、各研究計画書に記載の連絡先までご連絡ください。

 

研究一覧はこちらをご覧ください。

鹿児島市立病院 〒890-8760 鹿児島市上荒田町37番1号
お問合せはこちらTEL099-224-2101 FAX099-233-3190