ME機器管理室
ME機器管理室
近年の医療技術の進歩に伴い多種多様な医療機器が用いられ、医師・看護師以外に医療機器の操作と保守点検を行う専門職種として臨床工学技士が生まれました。臨床工学科では麻酔科部長を科長に臨床工学技士10名(うち常勤8名、嘱託職員2名)で院内の医療機器管理・操作を行っています。
臨床工学技士とは

臨床工学技士は1987年に制定された国家資格であり、生命を維持する機能が低下、停止した患者様に対し、人工呼吸器や人工心肺装置、人工透析装置などの生命維持管理装置を操作、および保守点検を行うことを業とする医療機器の専門医療職種です。

 

me001.jpg 

主たる業務

1.医療機器管理業務

様々な分野で使用される医療機器を安全に使用できるように、またその性能が維持できるように使用後の終業点検、計画的な定期点検を行います。さらに医療機器を一括管理することで効率的な運用ができるようにしています。 

 

 

2. 呼吸療法業務

臨床工学技士にて人工呼吸器の保守点検、人工呼吸器導入時の立会いを行います。また、長期人工呼吸器装着患者の回路交換、週一回RSTチームの一員として院内のラウンドも行います。 

 

 

 

3.人工心肺業務

心臓手術の際、心臓や肺に代わる働きをする人工心肺装置の操作や管理を行います。その装置の周辺には多くの医療機器が同時に使用され、それらの機器の操作や管理も行います。 

 

 

 

 

4.手術支援ロボット立会い業務

H28 年11月より手術支援ロボットda Vinci Xiによる手術が開始されました。臨床工学技士はda Vinci Xiの準備、セットアップを行っています。また、機器トラブル時は手術が中断してしまうため迅速なトラブル対処ができるように手術中待機しています。 

 

 

5. 高気圧酸素治療業務

高い気圧の環境下で酸素を吸入することで、血液中の酸素を増加させる治療であり様々な疾患で行われます。臨床工学技士はその装置の操作、保守管理を行います。

 

 

 

 

6. 人工透析業務

体内に溜まった老廃物などを排泄あるいは代謝する機能が働かなくなった場合に人工透析という治療を行います。当院は透析室ベッド6床にて、看護師2名臨床工学技士1名が常駐しています。また、血液透析のほかに血漿交換療法、血液吸着療法、腹水濾過濃縮再静注法など血液浄化療法も行っています。

 

 

7. 集中治療業務

集中治療室(ICU)では手術後の患者様や、呼吸、循環 、代謝機能が急に悪くなった患者様を集中的に治療します。臨床工学技士は人工呼吸器や血液浄化装置、補助循環装置の操作、管理を行います。また平成28年7月より臨床工学技士の日当直体制を開始し、24時間いつでも迅速に業務が行える体制をとっています。

 

 

8. 新生児集中治療室

当院は36床の新生児集中治療室(NICU) を有し未熟児や重症疾患を抱える赤ちゃんの治療を行っています。赤ちゃんの状態によっては、人工呼吸器などの多種多様な機器が装着され治療されます。臨床工学技士は新生児の血液浄化・体外循環・人工呼吸器や保育器などのNICUで用いられる機器の保守管理、点検を行います。

 

 

9. 不整脈治療業務

頻脈性不整脈に対し、アブレーターを用いて頻脈の基となる部位を高周波通電し、異常な電気回路を焼灼します。

 

 

 

 

 

10. 研修指導

院内職員に対して医療機器の安全使用のための研修を行っています。 

 

 

     P1010513.JPG 

 

 

 

     me39_main01.jpg 

 

 

 

 

     P1010527.JPG

 

 

 

 

     P1010533.JPG

 

 

 

 

     P1010507.JPG 

 

 

 

 

     P1010497.JPG 

 

 

 

 

  

     P1010521.JPG

 

 

 

 

 

  

     P1010542.JPG

 

 

 

 

 

     P1010018.JPG

臨床工学科の特徴
ME機器の中央管理と分散管理

ME機器管理室では、ME機器をいつでも最良の状態で患者さんに使用できるよう、機器を中央管理および分散管理し保守点検を行っています。

 

中央管理

人工呼吸器、輸液・シリンジポンプなどは、臨床工学技士により保守点検が済んだ状態でME機器管理室内に貸出用として保管されており、必要時にいつでも使用できるようになっています。返却されたME機器はその都度に保守点検を行い、再び貸し出せる状態にしています。

 

分散管理

移動することが困難などの理由で、院内各部署に常時配置されたものは、ME機器管理室から臨床工学技士が出向くことなどにより保守点検を行っています。 

生命維持管理装置の操作と保守点検
血液浄化装置などの生命維持管理装置の操作および保守点検は、高い専門知識と技術が要求されます。これらの業務は医師の指示の下にME機器管理室の臨床工学技士が行っています。
スタッフ紹介

  資格 

 人員  取得
 臨床工学技士

正職員:8名

嘱託職員:2名

 

臨床工学技士免許

看護師免許

日本DMAT隊員 

血液浄化専門臨床工学技士 

呼吸療法専門臨床工学技士 

臨床ME専門認定士

体外循環技術認定士 

透析技術認定士 

3学会合同呼吸療法認定士 

臨床高気圧酸素治療装置操作技師認定士 

第1種ME技術者

第2種ME技術者

医療情報コミュニケーター

第2種電気工事士 

 事務補助職員  1名

  

                                                                                                                                  H30.3月現在 

鹿児島市立病院 〒890-8760 鹿児島市上荒田町37番1号
お問合せはこちらTEL099-224-2101 FAX099-233-3190