ピックアップ情報

  • 施設間搬送をご利用の方へ
  • 飛行範囲・離着陸場
  • フォトギャラリー
  • 鹿児島市立病院
機体のご紹介
ドクターヘリとしてのAW109SP (GRAND NEW)は鹿児島県が初導入となりました。高速性能・飛行安定性・航続距離に優れ、広い鹿児島県には待望の機体です。サイドローディング(横ドアからの傷病者搬入)はドクターヘリとしては初となります。開口部は横幅140cm、高さ 110cmと広いため搬入作業は容易です。
飛行速度 最高速度311km/h、実運用速度(往路)278km/h、実運用速度(復路)260km/hはこれまでのドクターヘリと比較して約1.2-1.25倍の速度です。
乗員人数

7名

                                                       
操縦士1名 整備士1名                
フライトドクター1名(又は複数名)
フライトナース1名(又は2名)
患者1~2名 その他1名

キャビン寸法  最大長 2.30m
最大幅 1.61m
最大高 1.28m
キャビン容積 3.90㎥
後方貨物独立スペース容積 0.95㎥
 全長  12.96m
 全幅  7.76m
 全高  3.44m
 最大離陸重量  3,175kg
 最大航続距離  727km
 最大航続時間  3時間39分
 搭載医療機器 ストレッチャー(状況により2名分)、
酸素ボンベ、モニター、バックボード、
除細動器、各種医療品、吸引器、
ドクターズバッグ、人工呼吸器、