• 緩和ケアについて
  • がん診療支援センター
h2_naika.jpg

 

現在、日本では一生の内、2人に1人は何らかのがんになると言われており、がんはすべての人にとって身近な病気と言えます。

ご自身だけでなく、大切な人が、がんと関わることがあるかもしれません。 

世の中にはいろいろな情報があふれていますが、大切なことは、正しいがん情報で病気を知ることです。 

当院では、(1)がん相談(2)がん情報の発信(3)患者サロンを主軸に、がん治療を受けている患者の皆様やそのご家族、さらに地域住民の方から「がん」に関する相談を受ける「がん相談支援センター」を開設しております。

ご相談の内容を充分にお伺いし、がんに関する情報の提供、病気の受け止め方や気持ちの整理を一緒に行いながら、より良い方向へ進んでいけますよう支援いたします。

 

 

 

 

 

 

がん相談について

 

担当の看護師やソーシャルワーカーが「がん」に関するあらゆる相談をお受けし、その問題の解決を支援いたします。

ご相談の内容によっては、医療、福祉関連の専門スタッフや関係機関と連携をとり、お答えいたします。

 

具体的な相談内容としましては、

 

 がんの診断を受け、どう病気と向き合っていけばいいか戸惑っている。話しを聞いてほしい。

 がんの痛みや薬の副作用について聞きたい。

 治療や手術など医療費などの問題で悩んでいる。

 介護保険や受けられる福祉サービスを教えてほしい。

 ご自宅での療養や介護について。

 患者さんをどう支えていけばいいのか悩んでいるご家族の方。

 セカンドオピニオンについて知りたい。 

 緩和ケアや先進医療について教えてほしい・・・・などなど。 

 

小さなことでも構いません。まずは、ご連絡ください。 

 
相談は、がん相談支援センター(医療連携室内)に直接お越しいただく方法と、電話でお話を伺う方法があります。ご相談は無料となっておりますが、おひとり30分以内とさせていただきます。
また、ご相談の内容によりましては、後日改めてお受けする場合があります。

 

 

 

【 センターでの相談・電話予約 】(無料)

相談時間  8:30 ~ 17:15 (平日のみ)
 場所  がん相談支援センター (1F)
 電話番号  099-230-7100 (直通ダイヤル)

 

※ 相談内容の秘密は厳守致します。 

がんの情報の発信について

 

現在、当院においては、地域の医療機関の医師を含む職員の方々に対して、がん診療に関する研修会等を実施しており、多くの方々の参加を得ております。また、さらなる情報発信を目的として、がん診療にかかる当院の診療実績に関する情報提供、当院の診療体制にかかる情報提供等を行っております。

また、多くの方に、がんの情報を活用していただくために、国立がん研究センターがん対策情報センターが発行している各種がんの冊子や書籍を展示しています。 

患者サロン☺にこにこのご案内 

 

患者サロン☺にこにこは、がん患者さんやご家族が集い、交流できるサロンです。

年6回の開催を予定しております。

当サロンでは、テーマ毎の講習会のあと、1時間ほど語り合いの時間を設けております。

みなさまが希望を持って生活できますように支え合う場としてお気軽にご利用ください。

多くの方のご参加をお待ちしております。

 

 

平成29年度患者サロン☺にこにこ 開催スケジュール

1

 H29年4月14日(金)

 

 毛髪ケアについて(開催済み)

  毛髪技能指導士による講習会 

 

2

H29年6月2日(金)   

  

 歯科衛生士による口腔ケア

 

3

H29年8月4日(金)

 

  緩和ケア認定看護師による講習会
  「緩和ケアの誤解を解く」

 

4

H29年10月6日(金)

 

  笑いヨガインストラクターによる講習会

  「笑いヨガ」 

               

 第5回

 

H29年12月9日(土)

 

  医師による講義

  「医師の立場から伝えたいこと」 

  ※多目的ホールにて開催

 

 第6回

 

H30年2月2日(金)

 

 アピアランスケア

  メディカルセラピストによる講習会 

   「元気になるメイク」

 

※ 参加費:無料

※ 開催時間中の入退室は自由です

※ お問い合わせ先:鹿児島市立病院 医療連携室内 がん相談支援センター ☎ 099-230-7100

鹿児島市立病院 〒892-8580 鹿児島市加治屋町20-17
お問合せは故知らTEL099-224-2101 FAX099-233-3190