救急科のご紹介
001.jpg
診療の特徴・特色

  当院救命救急センターにおける初療の中心として、各専門診療科と協力し、多発外傷、重症中毒、全身熱傷、四肢切断、虚血性心疾患、脳血管疾患、小児救急、産科救急、周産期救急など幅広い分野の重症救急患者に対して24時間体制で高度な救急医療を提供しています。

救急患者に対し当科にて初療を行いながら診断を行い、各専門診療科と協力し迅速に治療に当たります。心肺停止で搬送された際に必要に応じてPCPSの導入、蘇生後の低体温療法を行います。20155月に新病院移転後は、救命救急センター内に緊急手術に対応できる手術室を拡充しました。特に重症外傷では状況に応じて緊急開胸/緊急開腹術、緊急開頭穿頭/開頭減圧術に対応ができます。

 初療後の集中治療にも力を入れています。特に重症外傷や急性期疾患(心肺停止後、敗血症、中毒、熱傷など)では状態を安定化させ、適した時期に根治的治療ができるように各専門診療科との調節を行います。急性腎障害に対してはCHDFなどを用いた集中治療を行っています。20157月より集中治療部が立ち上がり、当科も連携しながら重症患者の治療にあたっています。

 病院前診療にも積極的に関わります。当院は鹿児島県ドクターヘリ事業の基地病院、鹿児島市ドクターカー事業の基地病院であり、ドクターヘリは特別な訓練を受けた医師・看護師が要請に応じて出動し、現場での迅速な医療活動や重症患者の施設間搬送などを担いドクターカーは医師・看護師及び高度救急隊員3名の計5名で現場で救急医療活動を行い、迅速な医療提供を心がけています。

また災害医療に関しても当院は「基幹災害医療センター」、「DMAT指定病院」としての役割があります。地震・火災・津波・テロなどの大規模災害発生時に傷病者を受け入れる病院である災害拠点病院は鹿児島県内には11ヵ所ありますが、当院は「基幹災害医療センター」であり、これらを統括する責務があります。またDMAT(災害医療支援チーム)指定病院であり、現在DMAT2チーム有しています。年に数回開かれている訓練も行い、各県内のDMAT指定病院とも日々連携を強化しています。また、院内の災害対策、訓練に関しても積極的に行っています。
 他にも当院をはじめ県内各地の臨床研修指定病院からの研修医や、県内各地から医療従事者、学生の臨床実習を受け入れ、救命救急士に対する病院実習も行っています。臨床を通じて、また座学やOJTを通じて救急医学に対する教育を行っています。

 

 

 

扱う主な疾患・治療

<疾患>
多発外傷、敗血症、重症中毒、全身熱傷、四肢切断、虚血性心疾患、脳血管疾患、小児救急(小児救急拠点病院)、産科・周産期救急(主に成育医療センター)など
<治療>
多発外傷での蘇生室緊急開胸/緊急開腹(ERT/ERL)、IABO(大動脈内バルーン遮断)
開頭/穿頭血腫除去術、脳圧測定(ICPモニター)、大量出血に対する緊急輸血
急性腎障害・急性中毒に対する急性血液浄化(CHDF)、
敗血症に対するエンドトキシン吸着
補助循環(IABP、PCPS、ECMO)

 

診療実績(2014年度)
1) 当院救急車搬入台数:2949件
2) 救急外来患者数:5480人、救急入院患者数:3048人
3) ドクターヘリ受入数:197件
4) ドクターカー受入数(2014年10月より6ヶ月):136件

学会認定施設など

・日本救急医学会専門医認定施設
・日本航空医療学会認定制度認定指定施設

 

 

鹿児島市立病院 〒892-8580 鹿児島市加治屋町20-17
お問合せは故知らTEL099-224-2101 FAX099-233-3190