h2_blue2.jpg
消化器内科のご紹介
消化器内科
当科は昭和48年に開設されました。
近年は消化器系癌が増加しており、当科にても消化器系癌の早期診断・治療に力を入れております。
消化管癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は咽頭癌より大腸癌まで対応しており、消化器外科と合同にて腹腔鏡内視鏡合同手術も行っております。超音波内視鏡検査、超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)にて胆道・膵癌の早期診断も可能となりました。肝臓領域では肝細胞癌の治療、DAAs製剤による抗ウイルス療法など最新の医療を提供しております。すべての消化器系癌に対して最新の化学療法を行えるよう外来化学療法も拡充し化学療法件数も飛躍的に増加しております。
また、救急部と連携し消化器系救急疾患への対応も体制が整備されました。 
 
扱う主な疾患・治療
  1. 1.食道から肛門までの消化管疾患(悪性腫瘍、潰瘍、炎症性腸疾患など)
  2. 2.胆道・膵疾患(悪性腫瘍、急性・慢性炎症、感染症など)
  3. 3.肝臓疾患(悪性疾患、肝炎、脂肪肝など)
  4. 4.消化器領域の悪性腫瘍に対する抗がん剤治療 
専門外来

炎症性腸疾患外来 月2回

消化管疾患外来 週1回(月曜日)

胆膵系疾患外来 週1回(水曜日)

肝疾患外来 週5回(月~金)

診療実績

上部消化管内視鏡検査             3003件
下部消化管内視鏡検査             1299件
超音波内視鏡検査                    573件

内視鏡的粘膜下層剥離術             126件

腹部血管造影下肝動脈塞栓術             193件

肝経皮的治療・検査(RFA、生検)        95件

ERCP、EPBD、ERBD               304件

外来化学療法件数                 約4000件

短期滞在手術

消化管の腺腫・早期癌に対する内視鏡的手術、消化管出血に対する内視鏡的止血術

消化管狭窄に対する拡張術・ステント挿入術

胆道系(胆管結石、胆道腫瘍等)の内視鏡的治療

膵臓疾患(膵癌のEUS-FNA)による早期診断、悪性腫瘍に対する膵管ステント留置 

肝臓癌に対する経皮的治療、冠動脈化学塞栓術、定位放射線治療 

学会認定施設など

日本内科学会認定施設

日本消化器病学会認定施設 

日本消化器内視鏡学会指導施設

日本肝臓学会認定施設 

鹿児島県消化器集団検診精密検査医療機関

スタッフ紹介
役職 氏名 認定医・専門等資格名

部長

 堀 剛

・医学博士

・日本内科学会 認定医

・日本消化器病学会 専門医・指導医 

・日本消化器内視鏡学会 認定医・指導医

・日本肝臓病学会 専門医・指導医

科長

船川 慶太

・医学博士 

・日本内科学会 認定医

・日本消化器病学会 専門医

・日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医

・日本肝臓学会 専門医

・日本消化管学会胃腸科 専門医 

・日本がん治療認定医 

医長

岩下 祐司

・医学博士 

・日本内科学会認定 内科医

・日本消化器病学会 専門医

・日本消化器内視鏡学会 専門医

・日本肝臓学会 専門医

医長

中澤 潤一

・日本内科学会 認定内科医

・日本消化器病学会 専門医 

・日本がん治療認定医 

・日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 

・日本がんサポーティブケア学会 

医師

大重 彰彦

・日本内科学会 認定内科医

・日本消化器病学会 専門医 

・日本肝臓学会 専門医 

 医師

坂江 貴弘

・日本内科学会 認定内科医

 医員

川平 真知子

・日本内科学会 認定内科医

 医員

谷山 央樹

・日本内科学会 認定内科医

 医員

 児玉 朋子

・日本内科学会 認定内科医

 医員

 上原 翔平

 
外来診察・担当医師
研修医の先生へ

当科は、一日の外来患者数50~60人で、消化管疾患、胆膵疾患、肝臓疾患を主に担当しています。

各種の消化器癌のX線・内視鏡による診断から治療、特に内視鏡治療や化学療法を積極的に行っており、炎症性疾患ではクローン病や潰瘍性大腸炎の診断・治療を中心に行っています。
また、救急患者も多く、吐血や下血、消化管異物など緊急内視鏡検査による止血療法などを経験する機会が多く、多くの症例に遭遇でき、初期研修の場として十分な研修が可能です。

鹿児島市立病院 〒892-8580 鹿児島市加治屋町20-17
お問合せは故知らTEL099-224-2101 FAX099-233-3190