看護師
鹿児島市立病院 採用サイト > 看護師 > 新人看護師からのメッセージ
新人看護師たちからのメッセージ
船迫3.JPG
NICU
船迫さん

小さな命を「救う」「繋ぐ」ことを目指して


 私は、鹿児島市立病院のNICUで働きたいと思い、看護師を目指しました。入職し、特に感じたことは教育体制が充実していることです。鹿児島の医療を支える一員としての自覚や専門職として必要な知識・技術を身に付けることができます。また、ひとりの社会人としての心構えや行いも先輩方から教えていただいています。NICUでは、赤ちゃんの命と向き合っていく中で日々成長することができ、元気をもらっています。スタッフ一丸となって小さな命を「救う」「繋ぐ」ことを目指しています。学ぶことはたくさんありますが、自分の成長も楽しむことができます。赤ちゃんたちの生きる力を信じてこれからも頑張っていきたいです。


永山3.JPG
7南病棟(循環器内科、内科、心臓血管外科、歯科口腔外科)
永山さん

高度急性期病院で医療の先端技術を学び

鹿児島市民のために働きたい!

 「高度急性期病院で医療の先端技術を学び鹿児島市民のために働きたい」その強い思いで鹿児島市立病院に就職し3か月が経過しました。自分の無力さを感じることも多々ありますが、患者さんや先輩看護師に囲まれ、日々刺激を受けて、忙しくも楽しく、充実した日々を送っています。また、様々な医療従事者と関わる中で、多方面の専門的な立場から一人ひとりの患者さんについて考えることができ、チーム医療の重要性を改めて感じています。様々な研修にも積極的に参加をして知識や技術を習得し、また、患者さんやそのご家族に寄り添える看護師になりたいと思います。 

永田3.JPG
6南病棟(消化器外科・消化器内科・救命科)
永田さん

新人教育体制が確立されているところに

魅力を感じて

  私は鹿児島で看護の専門性を高めていきたいと思い、鹿児島市立病院の「安心安全な質の高い看護の提供」という理念に魅力を感じました。インターンシップで病院の雰囲気の良さと患者様への丁寧なケアや新人教育体制が確立されていることから就職を決めました。

 入職してから3か月が過ぎ、はじめの緊張も同期や先輩たちの声かけなどから和らいできました。日々先輩方に指導や助言をいただきながら多くの学びを得ています。仕事に対する責任の重さを実感する毎日ですが、今後も学びを深め、患者様から声をかけやすく頼られる存在の看護師になりたいと思います。

 


市原美佳3.jpg
中央手術部
市原さん

手術に臨む患者さんや家族の不安を

和らげるられるように・・・

  私は三次救急医療機関である鹿児島市立病院で、多様な疾患とそれぞれの看護を学び、精神面への関わり方を身につけていきたいと考え志望しました。配属先は、実際に手術を目で見て解剖や病態を理解し患者さんを全体的に捉えたいと考え、手術室配属を希望しました。毎日様々な手術の器械出しを経験し、学ぶ事がとても多く充実しています。覚える事や勉強する事が幅広くて大変ですが、先輩方に助けてもらいながら楽しく仕事をすることができています。

 今後は、手術に臨む患者さんや家族の不安を少しでも和らげることができるよう、先輩方の関わり方や看護を学び、自分でも実践していきたいと考えています。