KAGOSHIMA CITY HOSPITAL 鹿児島市立病院

初期臨床研修修了者の声 RECRUIT

初期臨床研修修了者の声

前年度までに研修を修了した先輩たちから寄せられた感想を一部ご紹介します。

沖野 秀人 (鹿児島大学卒)

 「2年間の研修を振り返って」

 大学を卒業して新病院での研修が始まってから、あっという間の2年間でした。最初は何が何だか分からない状態でした。現在も先輩方や他の研修医の人と比べると見劣りする部分はありますが、医師として少しは成長できたように思います。市立病院での研修では、体調が優れないからちょっと診て欲しいと患者が歩いて来られたり、交通事故による多発外傷の患者がドクターヘリで搬送されてきたりと幅広い医療現場を経験しました。その中で先生方に親切なご指導を頂き、同期や先輩・後輩と考察し処置して、看護師・薬剤師・技師などのスタッフの方々にサポートしてもらいながら、恵まれた環境下で医療に取り組むことが出来ました。感謝しております。この研修で培った経験を信じて、少しでも鹿児島の医療に貢献できるように、これからも頑張っていきたいと思います。

川上 一誠 (鹿児島大学卒)

 「2年間の研修を振り返って」

 振り返ると今まで当院で研修された先輩方とは違う経験ができた2年間だったように思う。まずは同期の人数が例年より少なかった。それにより各研修医が救急当直に入る回数は例年の1.5~2倍であった。当直に入る回数が多いことで自然と経験できた症例数も多かったし、その分度胸がついた。また、病院移転や特定共同指導など、病院にとって大きなイベントに研修中に立ち会えたことは貴重な経験となった。
 鹿児島県内での研修を考えている医学生にとって、当院で働くことは非常に有意義な研修になると思う。移転に併せて医師の数も増加して、今後より教育に力を入れる体制が出来ているからだ。また、ドクターヘリ、ドクターカーが導入されており、当院ならではの症例を経験出来るのも魅力の一つであると思う。
 最後に、2年間を通じて様々な科の先生方に丁寧な指導を頂いたおかげで有意義な研修が出来たと思う。来年度から鹿児島大学病院泌尿器科に入局するが、数年後に当院に戻って恩返しが出来るよう努力していきたい。

久保 祐輝 (鹿児島大学卒)

 「2年間の研修を振り返って」

 気が付けば2年間という時間が経過していました。本当にあっという間でした。社会人になって1日1日毎日違うことが起き、色々な考察をして、処置をして、新鮮な日々を送ることが出来ました。そのように毎日を過ごしていたから、こんなにあっという間に感じてしまうのでしょうか。市立病院で医師としてのスタートを切ることが出来てとても良かったと思っています。
 同期、先輩、指導医、コメディカルの方々みなさんが支えてくれて少しは成長できたのではないかと思います。
 これから恩返しの意味も込めて、それぞれの道で頑張っていこうと思います。
 この病院で過ごし同期に恵まれたことが一番の宝です。

惠島 史貴 (熊本大学卒)

 「2年間の研修を振り返って」

 他科を専門にしていく私には小児、産科を含めた当院での救急医療は非常に貴重な経験となりました。また、指導医の先生方はいつでも真摯に応えて下さいました。
 成長できるかは自分次第ですが、それができる環境です。いろいろな方々に感謝がたえません。2年間ありがとうございました。

過去のプログラム研修生の声

平成25年度プログラム研修生 (10期生)PDFファイル
平成25年度プログラム研修生 (9期生)  PDFファイル
平成25年度プログラム研修生 (8期生)  PDFファイル
平成25年度プログラム研修生 (7期生)  PDFファイル
平成25年度プログラム研修生 (6期生)  PDFファイル