放射線科
放射線科のご紹介
放射線科では、画像診断として、消化管造影、CT、MRI、核医学検査を担当しており、検査結果の報告書を作成しています。
検査手技を応用したInterventional Radiology(IVR)として、CTガイド下生検、悪性腫瘍に対する薬剤の動脈内投与・塞栓術や、救急症例の動脈塞栓術なども行っています。
放射線治療は、主に腫瘍性疾患を対象に、外照射・腔内照射を行っており、肺癌、頭頸部腫瘍、乳癌、前立腺癌、子宮癌などで良好な治療成績がえられています。
症状緩和が必要ながん患者さんに対して、在宅療養を支援するために、外来診療による緩和ケアを行っています。
扱う主な疾患・治療

・ 頭頸部癌に対する動注療法、放射線治療
・ 肺癌、食道癌など胸部悪性腫瘍に対する放射線治療
・ 膀胱腫瘍に対する動注療法、放射線治療
・ 前立腺癌、子宮癌などの骨盤領域の放射線治療

専門外来

緩和ケア外来
(がん又はがん治療に伴う症状の緩和や相談・支援)

学会認定施設など

 ・日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
 ・がん治療認定医機構認定研修施設

スタッフ紹介
 役職 氏名 専門領域 認定医・専門等資格名・所属学会

部長

中別府 良昭

・画像診断

・日本医学放射線学会放射線診断専門医

・核医学

・日本核医学会認定医

科長

中山 博史

・画像診断

・日本医学放射線学会放射線診断専門医

医長

中村 文彦

・放射線治療

・日本医学放射線学会放射線治療専門医

医員

佐竹 有貴

・画像診断

・日本医学放射線学会員

医員

高江洌 伸

・放射線治療

・日本医学放射線学会員

嘱託医

 伊藤 宗一郎

・放射線治療

・日本医学放射線学会放射線治療専門医

嘱託医

篠原 哲也

・画像診断

・日本医学放射線学会員









外来診察・担当医師
研修医の先生へ

当科では放射線治療とともに、産婦人科、内科、外科、泌尿器科、小児科を始めとする院内のCT・MRI・RI検査などの画像診断、血管造影の診断と治療を担当しています。
平成18年度の外来患者数は3,293名、入院は151名(肺癌44、腹部領域36、泌尿器科疾患51、産婦人科疾患4など)で、動注化学療法を併用した放射線治療を中心に治療を行っています。
また救命救急センターからの依頼で、緊急血管造影や塞栓術の症例も多く、放射線科専門医に必要とされる知識や技術の習得が可能です。

鹿児島市立病院 〒892-8580 鹿児島市加治屋町20-17
お問合せは故知らTEL099-224-2101 FAX099-233-3190